中絶を二度と繰り返さないために|知っておきたい中絶のアレコレ

女医

手術の時期

病室

赤ちゃんがお腹に宿ったとは言え、誰もがそれを素直に喜べない場合もあります。一人一人が今おかれている状況によっては、命を授かったことに後悔することがあるでしょう。東京のクリニックでは、そのような女性が来院することも多く、ほとんどの方が中絶を希望します。とても悲しいことですが、二度と同じ過ちを犯さないために、対策は取るべきと考えています。しかし、お腹に宿った命を手術で取り除くのですから、決断も簡単ではありません。お腹の父親と面と向かって話し合いをする他ないでしょう。今後どうするべきか、その話し合いは、時間をかけ行なう必要がありお腹の赤ちゃんが大きくなるまでに決断をしなければいけません。中絶するかしないかの最中にも、赤ちゃんは育っていますから、その事を踏まえて中絶のことをよく考えていく必要があります。中絶が可能な時期は、まず妊娠の周期から割り出していきます。これを把握することで、より早く東京で中絶を行なうことができます。

中絶の適切な時期は、妊娠周期から数えます。この場合、最終月経から数え、この最終を0とします。その日から一週間で妊娠0とカウントされ、二週間後になると一週目になります。生理が予定より大幅に遅れている場合は、すでに4週目だったことが多く、この時期に東京で中絶手術を行なうと、初期になります。尚、東京のクリニックでは、安全に中絶が出来る時期を12週未満としています。それ以上の週期になると身体の負担が考えられ、また、子供も大きくなっていることから葬儀や火葬が必要になります。そのため、東京のクリニックは、妊娠が判明した直後に手術をすすめているのです。