中絶を二度と繰り返さないために|知っておきたい中絶のアレコレ

女医

手術のリスク

医療従事者

新しい生命を宿したお腹も、中絶となれば女性のとって大きな負担になります。現在、中絶手術は東京を始めとする全国各地のクリニックで行われており、手術も確立しています。適切な処置が出来ていれば、ほぼ身体への負担がないとされており、危険が及ぶとは考えられないと言われています。ただ、直接子宮へ入り、赤ちゃんを取り出すため決して安全とは言い切れません。手術の影響で、何らかの影響をもたらすことはないと簡単には言えないのです。そのため、東京のクリニックでは、中絶手術でどのようなリスクがあるのか、時間をかけ説明することを徹底しているのです。

初期中絶は、基本的に全身麻酔で行われます。患者の体質によってはアレルギー反応を引き起こすことがあるため、危険を伴う可能性が出てきます。例えば一時的に呼吸が止まったり、血圧の急激な低下があったり、そのような命の危険を思わせるトラブルが発生する場合があります。このリスクは中絶手術だけではなく、全ての医療手術で言えることです。代表的なリスクは、中絶をしたことによる子宮への負担と傷です。胎嚢を掻きだす方法は東京のクリニックでも行われており、この方法は子宮へ傷をつけてしまう恐れがあります。傷口から感染症を引き起こし、危険にさらされることがありますが現在東京の有名なクリニックではそうした事例は発生していません。そのため、非常にまれなトラブルとして知られています。中期中絶の場合は、人工的に陣痛を引き起こし、胎児を取り出しますが、陣痛の痛みが強すぎると子宮が破裂することがあり、大量出血の危険性が叫ばれます。ただ、東京のクリニックでは万が一を考えた対策がされるので大事にはならないでしょう。