中絶を二度と繰り返さないために|知っておきたい中絶のアレコレ

女医

ピルで抑制

ドクター

安易に身体を許したばかりに、妊娠をしてしまったという中絶希望者が後を絶ちません。このような望まない妊娠は、悲しい結末を迎えることが多く、東京のクリニックでは、二度と中絶を繰り返さないためにピルの処方を呼びかけています。中絶手術の確立で、昔より安全に手術が出来るようになったものの、中絶をしたことで不妊になったり、子宮を失ったりと様々なリスクがあります。二度三度と中絶を繰り返すと、子宮や身体への負担は相当なものでしょう。そのため、東京のクリニックでは、二度目の中絶をしないための対策にピルの服用を呼びかけているのです。

そんな中、日本で認可された低用量ピルが話題を集めており、東京のクリニックでも取り扱いが増えています。この低容量ピルは、女性が自分の身体を自分で守る事ができる避妊具で、普及がなされると予想されたピルになります。日本のみならず、世界各国の方たちが利用をしており、東京のクリニックでも処方される率の高い大変なポピュラーな薬です。安全でしかも望まない妊娠を防ぐことが出来るため、女性の方が積極的に服用しています。では何故、低容量ピルで避妊が出来るのでしょう。一つめは、卵胞の熟成による受精があり、この働きを抑制することで妊娠を防ぐことが可能になります。また、低用量ピルを服用することで卵巣の機能を一時的に停止し、排卵が起こらないよう働きかけるため、誤って中に射精されても授かりにくくなるのです。またこの精子が子宮内へ侵入しないようガードすることも低用量ピルの役目になり、飲めば効果的に妊娠を防ぐことが可能になります。東京のクリニックでも詳しい説明がありますのできちんと話を聞きましょう。